​概要

対象者

おおむね医師経験6年目以上で、プログラムでの研修を希望するすべての診療科の医師

研修期間

研修期間

年度

受講料

2年間を推奨するが、個々の職場や個人の状況を考え、1~3年の範囲で修了を認める

年度

8月~翌年6月までを年度として進める

受講料

会 員:45万円(税別)

会員外:50万円(税別)

スクーリング単位でのスポット受講の場合

会 員:15,000円(税別)
会員外:20,000円(税別)

※総合医育成プログラム全体の受講者を優先するが、定員に空きがある場合は、単発での受講が可能

定員

50名

時期

研修開始:2019年8月10日(土)

認定要件

プログラム全体にお申し込みいただいたうえで、スクーリングを所定の回数以上履修

診療実践コース*1

​12単位以上

ノンテクニカル

スキルコース*2

6単位以上

計 18単位 以上

​研修履歴

・本プログラムの修了者が、プライマリ・ケア連合学会の認定医試験を受験する場合、筆記試験が免除される(活動報告書、事例報告書の審査のみ)

・本プログラムの参加は、家庭医療専門医・プライマリ・ケア認定医更新の生涯教育単位として認められる

※単位数:1日(スクーリング1回)当たり、生涯教育単位として5単位を認定

*1:AHA ACLSプロバイダーコース(日本内科学会内科救急・ICLS講習会(JMECC)もこれに準じる)および厚生労働省の定めるプログラムに基づく緩和ケア研修会の参加はそれぞれ「診療実践コース」1単位参加とみなす

※有効期限内のみ

*2:筑波大学附属病院でもスクーリングを実施しており、この参加も修了単位とみなす

※日程などの詳細は「つくばノンテク道場」HP参照