ねらい

本プログラムは、内科や外科など、すでに自分の専門領域に関する経験をもつ医師が、プライマリ・ケアにキャリアを広げることを支援することを目的としています。

総合診療専門医・家庭医療専門医の研修プログラムでは、定められた期間、認定施設でローテート研修を受ける必要がありますが、本プログラムは、すでに専門領域で豊富な経験をもつ医師を対象として、おもに土日を中心としたスクーリング(体験型ワークショップ方式の集合研修)を積み重ねることで、現在の勤務を続けながら、プライマリ・ケアですぐに活用できる総合診療能力を修得できるよう構成されているのが大きな特徴です。

本プログラム修了者は、日本プライマリ・ケア連合学会認定医を受験する場合の筆記試験が免除されます。また、すでに認定医を取得されている方は、更新単位としても活用できます。

今後、地域医療構想、地域包括ケアシステムの導入が進み、プライマリ・ケアで活躍する医師のニーズが高まっていくことは確実です。確かな能力をもってプライマリ・ケアを実践できるようになるために、ぜひ本プログラムをご活用ください。