特徴

現在の仕事を続けながら受講可能

土日中心のスクーリングにより1~3年間(推奨2年間)で一定の単位を取得すれば修了できる

経験と知識に裏打ちされたプログラム

現場を熟知し教育経験も豊富な総合診療領域のプロフェッショナルが検討を重ねて開発

体験型ワークショップ

プライマリ・ケアに真に必要な内容を厳選したワークショップにより体を動かしながら実践的なスキルを着実に身につけられる

これまでの経験を活かしたうえでの学び

参加者それぞれの専門医としてのベースに実践的なスキルを上乗せして診療の幅を広げる

認定医取得の筆記試験免除

修了者は日本プライマリ・ケア連合学会認定医試験を受験する際の筆記試験が免除される

スポットでの受講も可能

各単位のスポット受講が可能なので自身の興味のある内容についてピンポイントで勉強できる